スポンサードリンク

2011年11月27日

盲腸、虫垂の場所

盲腸、虫垂の場所は、大雑把に言うと右の下腹部です。

盲腸とは大腸の一部で、虫垂とは盲腸にくっついて垂れ下がっている3cmくらいでタバコくらいの太さの器官です。

お腹のなかで、小腸から大腸へとつながっているのですが、つなぎ目のところから下、つまり肛門から遠い部分が盲腸です。

小腸と大腸のつなぎ目から先は、肛門の手前の直腸までが結腸といわれます。

つまり、小腸を通ってきた食物は、小腸→盲腸→結腸→直腸→肛門と移動していくわけですが、結腸の反対側の盲腸はそこで行き止まりなわけです。

その先っちょに虫垂がくっついています。

行き止まりの先っちょのちいさな器官ですから、虫垂には異物がつまりやすいのですね。

腸って、一本の管のようになっていると思っていたら、実は違っていました。

小腸から大腸に入るところで盲腸から結腸の方向の二股に分かれているのですね。


[盲腸炎] ブログ村キーワード
[虫垂炎] ブログ村キーワード
タグ:場所 盲腸


応援よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ


posted by 盲腸 at 18:18 | 盲腸 場所
スポンサードリンク
yahoo